仲良し夫婦の資産形成ブログ

東京の多摩地区で暮らす30代夫と20代妻の資産形成に向けた小ネタブログです。

赤ちゃんの名前

こんばんは。

 

実は私達夫婦には近々子供が生まれる予定です。

今の日常は、妻が出産準備のため仕事を辞めて赤ちゃんをお迎えする準備をしています。この間は、近所の西松屋に行って、哺乳瓶やら前掛けやらいろいろと買ってきました。

夫から見ても、妻のお腹は大きくなっていくのが日々分かり、子供が生まれてくるんだなと実感しています。

 

そんなこんなで、生まれてくる子供の名前について夫婦で色々考えています。

現状生まれてくるのは女の子の予定なので、女の子の名前を中心に案をいくつも出だしています。

 

色々な案の中で夫婦共に気に入っている漢字がありまして、それは

「莉」

という字です。

 

最初は、何となくいいなーくらいの気持ちだったのですが、調べていくうちにこの字の魅力にどんどん気付いていきました。

そこで、この字について調べた事を紹介します。

 

目次

意味と由来


「莉」は、植物を表す「くさかんむり」に、音の「利」が組み合わさってできた字です。
この漢字は、モクセイ科の常緑小低木である茉莉花(読み:まつりか)の名前に用いられます。ジャスミンの原産国であるインドでは、ジャスミンを「マリカ」と呼びます。中国では同じように「茉莉花」と書かれます。
茉莉花は、夏季(7〜9月)に小さな白い花を咲かせる可憐な植物で、お茶の香りづけにも使われています。

女性の名前に使う時は、「かわいい」「おしゃれ」「女性的」といった意味で使われる事が多いようです。

 

この字が入った名前

 

「莉」を使った名前にはどんなものがあるでしょうか?

いくつか調べてみました。

①「光莉」

「光」はその字の通り、明るいという意味があります。元気に明るく育ってほしいという意味が込められた名前と言えます。

光という文字が単体だと、男の子でも女の子でも使えるので、そこで女性的やかわいいといった意味をもつ漢字を付け加えたもの「光莉」という字に込められています。

 

②「朱莉」

「朱」という字には「和の色彩」「伝統」のイメージがあります。創造性をもった社交的な人間に育ってほしいという願いに合う漢字になっています。

これに先ほどの「莉」を加えて女の子らしさを表します。

 

③「莉子」

こちらの名前は、莉が主体の名前となっています。先ほどの「莉」とは違い「子」の方に女性らしさを込める事が多いようです。「莉」に関しては植物や花のイメージを表し、花のように美しく誰からも好かれる子に育ってほしいという意味を込める事ができそうです。

 

最後に

 

どうだったでしょうか?

子供につける名前はかなり迷いますね。

私達と同じように、これから子供が生まれてくる予定の方は参考にしてみてください。

 

まだまだ先だと思ってた出産も段々と近づいてきました。

生まれるまで考え尽くそうと思います。

贅沢な悩みですね笑

 

それでは今日はこの辺で!ノシ